分島花音の書籍

KERA

分島花音の書籍「音女の散歩道」が掲載されたKERA。KERAは、インデックス・コミュニケーションズから発行されているファッション雑誌です。ヴィジュアル系バンドの熱心なファンの女性(バンギャ)を購読対象にしていて、音楽色の非常に強い雑誌です。AliceNineの将も、loseage時代に読者モデルをしていました。パンク・ファッションを中心にロリータ・ファッションなどのサブカル系ファッションからカジュアル系まで幅広く取り扱っています。洋楽アーティストなどの特集も多いですが、近年は漫画やアニメファンを狙った特集も出てきています。1998年に創刊。毎月15~17日の間に発売されています。雑誌名は当初『Kerouac!』と表記されていました。『路上』という代表作を持つ小説家ジャック・ケルアック(JackKerouac)からとったもので、ストリートのカルチャーを取り上げる雑誌として創刊されたことを示しています。中沢新一などが寄稿した巻頭言のページも存在しました。後にストリートスナップが反響を呼んだことにより、ストリートファッションやそこから派生するカルチャーを取り上げる雑誌に特化していき、初めは隔月の発売でしたが、1999年4月号より月刊化されました。

Kanon!Love!

主な内容

  • 原宿ストリートスナップ。創刊当初からあり、毎号掲載されます。たまに著名人や読者モデルの写真もあります。
  • ストリートスナップ。原宿以外の場所。一般人が主流です。通販BOOK。見た目は付録冊子のよう。福袋企画などがあります。
  • コーディネイトランキング。創刊当初からあり、2号前の人気ランキングが毎号掲載されています。スナップのコーディネイトだけでなく、読者モデルやその号に登場した歌手なども選ばれます。

表紙を飾ったことがある有名人

飯田圭織

日本の歌手、タレントである飯田圭織は、北海道室蘭市生まれ、札幌市手稲区育ち。北海道札幌稲西高等学校(北海道立)中退・東京都立代々木高等学校定時制中退。代々木高校の同級生にSPEEDの上原多香子がいます。夫は元7HOUSEのケンジ。アップフロントプロモーション(旧・はアップフロントエージェンシー)所属。ハロー!プロジェクトの元メンバーで、モーニング娘。の元メンバー、2代目リーダーでした。

シングル

1.エーゲ海に抱かれて(2004年2月4日EPCE-2021)カップリング:最後の接吻

2.ドアの向こうでBellが鳴ってた(2004年7月28日EPCE-2025)カップリング:泣かずにいられない私です

テレビ
  • こちら第三社会部(2001年、TBSテレビ)

  • 数学女子学園(2012年3月21日、日本テレビ)

  • ハンチョウ~警視庁安積班~第6・7話(2012年5月14日・21日、TBSテレビ)

テレビバラエティ
  • 魔女たちの22時(2010年、日本テレビ)
  • アイドルをさがせ!(2000年、テレビ東京)
  • 美少女教育II(2002年、テレビ東京)
  • いい旅・夢気分(2011年2月16日、テレビ東京)
  • U型テレビ(北海道文化放送)
ラジオ
  • 飯田圭織・今夜も交信中!(2001年4月-2003年3月、ニッポン放送)
  • 地中海SOUNDSTROLL(2005年4月-2008年3月・2009年4月-、NACK5)
映画
  • 五重塔(2007年)
  • 恋する弁当男子(2011年)
インターネット

第7回・第19回ハロプロビデオチャット(2005年4月30日・7月21日、ハロー!プロジェクトonフレッツ)

CM

日本コカ・コーラ「ジョージアご褒美ブレイク」(2010年9月-)

舞台

トリマカシproduce「下北箱庭HERATs」(2011年8月31日-9月11日、シアター711)

出版物
  • 心のスケッチブック。(2001年12月、近代映画社)
  • ライオンのマルジャン(2002年12月、主婦と生活社)
エッセイ

パラノイアダイアリー(雑誌「CDでーた」

チェロの音色にホダサレテ…♪
土屋アンナ

ファッションモデル、映画監督、歌手、女優である土屋アンナは、東京都生まれ。明星学園中学校・高等学校卒業。2度の結婚歴があり、2児の母親でもあります。タレントとしてテレビ等に出演するほか、モデル、女優、歌手としても活躍しています。愛称は「アンさん」「アンナ」。好きな洋楽アーティストはホイットニー・ヒューストン、シンディ・ローパー、ベット・ミドラーなど。特にホイットニーを好み、初めて購入したCDは歌詞カードがボロボロになるまで聴いたそうですよ。

  • 2002年(平成14年)「SpinAqua」のボーカルとしてミュージシャンデビュー。
  • 2003年(平成15年)『NHKイタリア語会話』に出演[。『茶の味』に出演し女優デビュー。
  • 2004年(平成16年)映画『下妻物語』で深田恭子とダブル主演を務め、これによりブルーリボン賞最優秀新人賞をはじめとする2004年度の映画各賞を8つ受賞。
受賞歴
  • 第29回報知映画賞新人賞(『下妻物語』『茶の味』)
  • 第47回ブルーリボン賞新人賞(『下妻物語』『茶の味』)
  • 第26回ヨコハマ映画祭最優秀新人賞(『下妻物語』『茶の味』)
  • 第28回日本アカデミー賞新人賞(『下妻物語』)
  • 第78回キネマ旬報ベストテン新人賞(『下妻物語』)
  • 第59回毎日映画コンクール新人賞(『下妻物語』)
  • 第14回日本映画批評家大賞助演女優賞(『下妻物語』)
  • 第3回VOGUENIPPONWomenoftheYear
  • 第38回ベストドレッサー賞芸能・スポーツ部門
  • 第14回ネイルクィーンアーティスト部門
  • 第24回日本メガネベストドレッサー賞サングラス部門
映画
  • 監督感染「KENENN」(2003年)
  • 下妻物語(2004年、東宝)-白百合イチゴ役
  • 茶の味(2004年、クロックワークス・レントラックジャパン)-鈴石アオイ役
  • ハービー/機械じかけのキューピッド(2005年、ブエナビスタ)-マギー・ペイトン役(日本語吹き替え)
  • バッシュメント(2005年、VITA)-主演・大森樹里役
  • アルバイト探偵(2006年、ジェネオンエンタテインメント)-モニーク役
  • 嫌われ松子の一生(2006年、東宝)-女囚役
  • どろろ(2007年、東宝)-鯖目の奥方役
  • さくらん(2007年、アスミック・エース)-主演・きよ葉・日暮役
  • パコと魔法の絵本(2008年、東宝)-タマ子役
  • それいけ!アンパンマン妖精リンリンのひみつ(2008年、東京テアトル)-リンリン役(声の出演)
  • ヘブンズ・ドア(2009年、アスミック・エース)-ホストクラブの客役
  • カムイ外伝(2009年、松竹)-アユ役
  • 恋谷橋LaValleedel'amour(2011年、パル企画)
  • バトルシップ(2012年、東宝東和)-レイクス役(日本語吹き替え)
  • グッモーエビアン!(2012年、ショウゲート)-フリーマーケットの店番役(特別出演)
CM
  • ユニクロ「DRYタンクトップ」(2002年)
  • カルピス「カルピスウォーター」(2002年)
  • コーセー「エスプリーク」「ヴィセ」
  • ホーユー「Beauteen」
  • EDWIN「503」(2006年)
  • 日本電気、FOMA「N902iS」(2006年)
  • キリンビバレッジ「聞茶」(2006年)
  • 第一興商「PremierDAM」(2007年)
  • NTTドコモ
  • P&G「ハーバルエッセンス」(2007年)
  • CASIO「Baby-G」(2008年)
  • MAISONGILFYA/W(2008年)
  • アサヒビール「ジンジャードラフト」(2008年)
  • 本田技研工業「ホンダグリーンマシーン」(2008年-)
  • 資生堂「MAQuillAGE」(2009年)「アネッサ」(2009年)
  • KDDI「au」(2009年-)
  • 「auひかり」(2010年)
  • ライオン(企業)「アクロン」(2010年)
  • Reveur「ノンシリコンシャンプー」(2012年)
  • パナソニック(2012年)「プチドラム」「プチサイクロン」
  • マンダム(2012年)「ビフェスタうる落ち水クレンジングシリーズ」
  • 日本クラフトフーズ「ストライドストライプ」(2013年)